モリカトロンについて

モリカトロン株式会社のコンセプトやメッセージ、
企業情報をご紹介します。

私たちはAIのソムリエです

自分たちの仕事を説明するときに「私たちはAIのソムリエだ」と自己紹介することがあります。

ワインのソムリエが、料理に合わせたワインの種類を選び、お客様に提案するように、私たちはお客様のプロジェクトに合ったAIモデルの選定から実際の設計までを請け負っています

どんなご要望にもお応えできるよう、そのために常に最新のAI技術をチェックし、研究を行っています。

メッセージ

まだ見ぬ世界を見せてくれるだろうゲームAIのパワーをみなさんと共有したい

ゲームの世界に生きるキャラクターたちが、人間のように考える頭と、感じる心を持っていて、まるで私たちの友達やペット、家族や伴侶のように側にいて、一緒に遊んでくれたら、どんなに楽しいことでしょう。

あらかじめ決められた言葉や行動ではなく、私たちが楽しい時にそれを感じて一緒に笑い、悲しい時にはそれを知って励ましの言葉をかけてくれたり、キャラクターと心を交わせたら、どんなに嬉しいことでしょう。

そんな思いを実現してくれるのがゲームAIです。

ゲームAIは、キャラクターに「こころ」を与えるだけなく、ゲーム世界自身も創り出す能力があります。まるでゲーム開発者のように、ゲームを企画し、プログラムし、デザインする力さえ持っています。

目指すのは、ゲームをもっと豊かに、もっと楽しくしてくれる、そんなワクワクするAIです。

我々は、まだ見ぬ世界をわたしたちに見せてくれるだろうゲームAIのパワーに魅せられて、是非、このワクワクする体験をみなさんと共有したいと考え、日本初のゲームに特化したAIの設計と開発をする会社を発足させました。

エンタメAIとの楽しい共存社会の実現をめざします。

代表取締役/モリカトロンAI研究所所長 森川幸人

プロフィール

代表取締役 / モリカトロンAI研究所所長

森川幸人

もりかわ ゆきひと

ゲームAI設計者、グラフィック・クリエイター
モリカトロン株式会社 AI研究所 所長
株式会社ムームー 代表取締役
筑波大学非常勤講師

主な仕事は、ゲームAIの研究開発、CG制作、ゲームソフト、スマホアプリ開発

【学歴】
筑波大学芸術専門学群

【主な受賞歴】
2004年 「くまうた」 文化庁メディア芸術祭 審査員推薦賞
2011年 「ヌカカの結婚」 第一回ダ・ヴィンチ電子書籍大賞 大賞受賞
【著書】
「マッチ箱の脳」「テロメアの帽子」「ヌカカの結婚」「イオの黒い玉」「絵でわかる人工知能」「イラストで読むAI入門」(共著)「僕らのAI論」

【主な講演、出演】
CEDEC2002 「モンスターは遺伝的進化をとげられるか?」
CEDEC2008 「ゲームとAIはホントに相性がいいのか?」
AIFM2018 「ゲームAIから考える人工知能」
CEDEC2018 「ゲームAI技術20年の進化とこれから」
CEDEC2019 「AIは自分でボードゲームの勝ち方を見つけられるか?」
2009年 NHK「ワンダーxワンダー ホッケ柱」
2016年 NHK Eテレ「世界を変える魔法! アルゴリズミ子 研究所」

【主な論文】
1999年 人工知能学会「テレビゲームへの人工知能技術の利用」
2017年 人工知能学会「ゲームとAIは相性がよいのか?」
【参画会社】
モリカトロン株式会社 代表取締役
株式会社ムームー 代表取締役

【ゲーム制作】
「がんばれ森川君2号」「ジャンピング・フラッシュ」「アストロノーカ」「くまうた」「ねこがきた」等、全52タイトル
全てのゲームについて、
ゲームディレクション、ゲームデザイン、仕様設計、キャラクターデザイン、AI設計

【その他の主な仕事】
CGアニメーション制作
「アインシュタイン」「ウゴウゴ・ルーガ」(フジテレビ)

代表取締役社長

本城嘉太郎

ほんじょう よしたろう

1978年神戸生まれ。ゲーマーだった19歳の時、世界初の本格MMORPG「ウルティマオンライン」に出会い強い衝撃を受け、ネットワークゲームを作ることを決意。サーバエンジニア、大手コンシューマゲーム開発会社を経て、2005年にmonoAI technologyの前身となる会社を創業。まだ日本でネットワークゲームを作る文化がなかった頃からネットワークゲームの研究開発に着手し、リアルタイム通信ミドルウェア『モノビットエンジン』を開発。2019年11月に「monoAI technology(モノアイテクノロジー)株式会社」へ社名変更。ゲーム制作、AR/VR等のXR開発、AIを使った品質管理事業を行う。

取締役

成沢理恵

なるさわ りえ

国際基督教大学卒業後、1998年に旧・株式会社エニックス(現・株式会社スクウェア・エニックス)にプロデューサーとして入社。以後、15年間スクウェア・エニックスにて、コンシューマ、PC、モバイルの幅広い分野にてプロデューサーとして従事。その後、株式会社NubeeTokyoにてプロデュース、国内海外協業、プロモーション部門の事業部長を務める。

2016年3月 ちゅらっぷす株式会社取締役就任(現任)
同年9月 株式会社ArAtA取締役就任(現任)
同年11月 AppBeach株式会社取締役就任
2017年3月 株式会社モバイルファクトリー社外取締役就任(現任)
同年8月 モリカトロン株式会社取締役就任(現任)
同年11月 root4株式会社取締役就任
2018年5月 Amusement Asset Associates株式会社(現任)
2018年10月 monoAI technology株式会社取締役就任取締役就任(現任)
(旧・モノビット・モリカトロンホールディングス株式会社)
2018年12月 RingZero株式会社取締役就任(現任)

現在、7社のゲーム会社の取締役。その他、ゲーム関連会社の顧問を兼任。

プロデュース代表作として、PS2「エンドネシア」、windows「コスモぐらし」、スマートフォン版「FINAL FANTASY」 IV, Ⅴ, Ⅵ、「ドラゴンクエストの不思議のダンジョンMOBILE」シリーズ、スマートフォン向け「おそ松さんのへそくりウォーズ」、「GANTZ:O/タップ・バトル・ロワイヤル」など。

会社概要

社名 モリカトロン株式会社(morikatron Inc.)
所在地 〒160-0022 東京都新宿区新宿1-9-2 ナリコマHD 新宿ビル4F
設立年月日 2017 年8 月1 日
事業内容 ゲーム専用AI の設計、開発、コンサルタント
主要取引先 GMOインターネット株式会社
株式会社アソビズム
株式会社コロプラ
株式会社ソニー・インタラクティブエンタテインメント
株式会社ディー・エヌ・エー
ディライトワークス株式会社 ほか
資本金 2,200万円
役員 代表取締役 モリカトロンAI 研究所所長:森川幸人
代表取締役社長:本城嘉太郎
取締役:成沢理恵
交通アクセス 新宿御苑前駅( 東京メトロ丸ノ内線) 2 番出口より徒歩1分
新宿三丁目駅( 都営新宿線、東京メトロ副都心線) C5 出口より徒歩8 分
新宿駅(JR 線) 東口より徒歩15 分

モリカトロン株式会社

〒160-0022 東京都新宿区新宿1-9-2
 ナリコマHD 新宿ビル4F
交通アクセス

新宿御苑前駅(東京メトロ丸ノ内線)2番出口より徒歩1分
新宿三丁目駅(都営新宿線、東京メトロ副都心線)C5出口より徒歩8分
新宿駅(JR線)東口より徒歩15分

モリカトロンでは、エンターテイメント×AI の最新情報を紹介するコミュニティメディアを運営しております。

モリカトロンの技術メンバーによる「モリカトロン開発者ブログ」では、AIの研究開発の成果や関心事、日常的なことなど、さまざまな話題を配信していきます。

採用情報

日本初となるゲームAI専門開発会社であるモリカトロン株式会社は、大手ゲームメーカーと組んで、キャラクターAI、ゲームのバランス調整、ステージ生成などのゲーム用AI開発プラントを共同開発しています。

採用情報をみる ※モリカトロンの21年卒新卒採用は終了しました